格安にする浮気調査と必要な証拠回数・ケース

浮気調査を安く利用する方法

昨今はネット上には多くのお得な情報が掲載されています。

探偵の調査に関する利用法に関してもお得な利用方法は存在し、無駄を大きく省き要点を絞った調査を実施することで「コストを抑えた格安浮気調査」などを実施するご依頼者も実際に数多く存在するのです。

調査を実施する探偵目線から判断しましても、事前の情報量が豊富な調査案件はスムーズな調査が実施可能と言え、入念に時間を掛けて下調べを実施されたご依頼者からの調査資料は有意義と判断できるのです。

確実性の高い情報が調査着手前に存在することによって「無駄を省いた格安調査プランが成立する」と言えます。

例を挙げてご説明しますと、

①怪しい曜日を特定できる材料が下調べ情報の中に存在、長時間の外出は平日よりも休日に集中しているなどの事実から「毎日の調査は不必要」として曜日を絞った。

②平日の夕食が必要無いと言われる曜日が決まって水曜日という情報があるため、水曜日に的を絞った月4日間のピンポイントな浮気調査のプラン等が可能。

このような格安調査プランはご依頼者からの確実な情報があって成立します。

闇雲に浮気を悩み探偵に相談するだけでは「現実的な調査予算の範囲内」での相談にならない案件も数多く、高額な浮気調査に手が出ないと実感されて泣き寝入りされる方も存在するのです。

格安浮気調査のリスク

事前にご自身で情報収集することで安くお得な浮気調査が実施可能であることは理解していただけたことでしょう。

しかし、不倫を疑い情報を集めている事実が浮気をしている当人に認識されるリスク、それによって浮気調査が困難になってしまうリスクがあります。

お得で格安な浮気調査にはそれ相応のリスクも存在するということなのです。

このようなリスクを背負ってまでご自身で情報収集することを望まない方は、ある程度費用をかけた浮気調査が必要となると言えます。

置かれた環境や価値観はそれぞれなので、必要に応じたお考えが個々にあることでしょう。

不倫に関する問題を「お金の問題ではない」という判断をされる人物も過去に数多くいらっしゃいましたから、本当に夫婦間の問題は他人には理解が困難なケースが多いということなのでしょう。

浮気の証拠の回数

御依頼者の置かれた環境で浮気調査の質は異なります。

「浮気の証拠は一度で十分」とお考えになる方が多いようですが、本来は「御依頼者が危惧することが何であるか?」によって証拠回数の必要度合いは大きく異なってしまいます。

不倫するカップル

不倫をやめさせたい場合

仮に配偶者に終始異性の影が見え隠れしているという状況にあり、結婚しても異性交遊が盛んな状況が継続しているならば、「不倫を制止すること」を目的とした浮気調査を実施される御依頼者も存在するものです。

不倫の事実を突きつけて素行を改めさせ、家族に愛情を注ぐことを約束させることを目的とした浮気調査を実施するのです。

このような浮気調査を実施する際は多くの証拠は必要なく、一度の証拠で十分に配偶者を追及する材料となります。

離婚を視野に入れている場合

このような判断とは異なり、一度きりの不倫の証拠では不足と判断されるケースも存在します。

もし配偶者との夫婦関係が悪く「離婚を視野に入れた調査」を実施するならば、複数回にわたり不倫の証拠を取得しなければ継続的な浮気と判断されないため、離婚に際し異性の存在と配偶者の不倫が離婚の原因との主張ができない状況にもなりかねないのです。

離婚裁判の証拠としての浮気調査ならば、ある程度の回数の不倫の証拠が必要となり、継続的な不倫の事実があった証拠が必要となるのです。

今現在のご自身にどのような調査が必要であるかを理解されて探偵に相談・依頼することが「スムーズな問題解決」に繋がります。

不貞の証拠を考える

一般的に言われている不貞の証拠として有効な場面はどのような場面であるか?をご存知な方は意外に少ないものです。

確かに「ラブホテルへの出入り」を撮影できたならば有効な証拠と言えます。

このような明らかな証拠の他にも「泊りがけでの旅行」に出かけて「同じ部屋に宿泊した事実」が確認されたならば証拠として有効と判断できるのです。

代表的な不倫の証拠は以上のようなケースと言えます。

そして、少々弱い証拠として「不倫相手の家に滞在」があります。

不倫相手の家を訪問し数時間を過ごし帰る状況などが不倫の証拠のケースとして存在しますが、たった一度の滞在を不倫と判断するには困難という判断が世間では一般的のようです。

不倫相手の家を頻繁に訪問し「相手と二人きりで何時間滞在した」という事実が何度も必要という考え方が言い逃れの効かない不倫の証拠という判断に繋がるのです。

大きな意味で幾つかの不倫の証拠を紹介しましたが、あなたのケースで当てはまる不倫の証拠がどのようなケースであるか判断する材料が存在するならば、「不倫調査を実施するべきか?」の判断に大いに役立つとも言えるので、配偶者の浪費が激しいならば「ホテルを利用」している可能性が高いと想定することができますし、浪費する程の金銭的余裕が無い人物に不倫の疑いがあるケースにおいては、不倫相手の家を利用することがおおまかにではありますが想定内にあるという判断が可能と言えるのです。

可能性と想定は無限には存在しません。

こと不倫に関してチョイス可能な行動パターンはそれほど多くないことが言えます。

探偵が浮気や不倫のご相談を賜る際にも前提は「過去の経験からくる想定」が大きく存在するものです。

御依頼者が過去に配偶者との交際時に経験した事実なども不倫調査に着手する前の想定では大切な判断材料の一つとなるでしょう。

そのような事実を踏まえたご相談を実施することで不倫調査を実施する方向性が決定し「どの程度の不倫調査が必要か?」判断する材料にもなることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする