浮気や不倫に関するアンテナ情報サイト・モナ探偵事務所は女性の為の探偵事務所です。浮気は絶対に許さない!そんな依頼者が多いです。

不倫イメージ

浮気調査を行うための準備をしておきましょう

探偵や興信所に浮気調査の相談をする人は、ほとんどの方が初めての相談となるでしょう。

ですので興信所を選んで浮気調査の相談をしようと思っても、いまいち聞きたいことや言いたいことが伝わらず、ご自身の望んでいたような相談にならない可能性も考えられます。

そうならないように以下に浮気調査の相談前のポイントを記載してみました。

「旦那が浮気しているかもしれない」と、浮気調査を思いついてすぐに電話で相談したりせずに、一旦落ち着いて状況を整理しましょう。

実際に浮気調査を行う際に探偵側が必要とする情報があるので、それらの情報をまとめておくことをおすすめ致します。

 

対象者情報

対象者が誰なのか

かなり基本的なことですが、浮気調査の対象者となる人物は誰なのか?をはっきりさせておきましょう。

通常はご自身の「配偶者」となるでしょうが、依頼する人によっては「交際相手」「不倫相手」「子供の配偶者」「兄弟姉妹の配偶者」などの場合もありますので、興信所に対して明確にしておいた方がよろしいです。

 

対象者のプロフィール

プロフィールとはいわゆる「氏名」「住所」「生年月日」「勤務先」といった個人を特定するための基本情報のことです。

浮気調査では特に「住所」や「勤務先」は調査の開始場所となることが多く、立地条件によって調査員の人数や配置が変わることもあるので非常に重要な情報となります。

 

顔写真があるかどうか

浮気調査は尾行と張り込みで行う調査のため、基本的には対象者を特定するための顔写真が必要となります。

但し、あまりに古い写真や現在とは風貌が似ても似つかない写真は調査現場の混乱を招くので、一言その旨を伝えておきましょう。

また、履歴書写真なども本来のその人とは雰囲気が異なっていることも多いので、できるだけ避けましょう。

 

浮気や不倫を疑った(確信した)経緯・現在の状況

浮気調査を行おうと思ったということは、配偶者の不倫や交際相手の浮気を疑った経緯があるはずです。

例えば、仕事からの帰りが不自然に多い、休日出勤が不自然に多いなどです。

プランを立てて調査を実行する側としては、その経緯を知って状況を把握しておくことも重要となります。

どのようにして浮気を知ったのか、すでに浮気の疑いに言及して相手を問い詰めたりしていないか?

尾行する相手がまだ何も知らずに浮気を継続しているか、それとも警戒している可能性があるのかを事前に検討しておく必要があります。

調査する側も全く無警戒に尾行するわけにはいかないのです。

また、浮気をしていることがすでに分かっている場合は、浮気相手について見当がついているのかどうか、浮気相手の身元が分かっているかどうか、をお伝えください。

浮気相手がいた場合、その人物の身元を調べることも含めて浮気調査ですので、例えば携帯番号がわかっている場合はそこから浮気相手の身元がわかる場合もあります。

今や携帯電話やスマートフォンの普及で個人個人が携帯番号を所有している時代です。

携帯電話番号や一般固定電話等からの氏名、住所確認、そして移転先などの確認など。

希望調査日時

事前に一度は必ずご自身で調査希望日時を考えてみてください。

ご自身で考えた希望日時には、浮気を疑ったきっかけやご予算が関係しているはずです。

実際の相談では担当者から調査プランを提案されることがあります。

プロの視点からの提案となるはずですが、依頼者の懐具合までは考慮していないケースもあります。

ご自身のご希望と探偵・興信所の提案の両方をすり合わせて検討していくのが無難です。

調査のプロではない、いわゆる「カウンセラー」と名乗る担当者には調査の相談はしない方が良いでしょう。

トラブルを防ぐために最終的な決定は必ずご自身で行ってください。

予算について

探偵事務所とのトラブルで最も多いのは「料金・費用」に関するトラブルです。

調査を行った場合にどの程度の費用がかかるのか、詳細な項目がきっちりと記されているかをチェックしておきましょう。

例えば「浮気調査料」というあまりにもアバウトな項目で全てを包括しているような、そんな見積もりは要注意です。

良い見積もりというのは料金が細かく細分化されていて、しかも明朗会計であるということです。

さらに「追加料金」が発生する場合などについてもあらかじめ説明がある探偵事務所は良い探偵事務所です。

ここで内容に納得した場合のみ、実際に契約を結ぶということになります。

もちろん、その際にしつこい勧誘があったり、しつこい営業があったりということはちゃんとした探偵事務所の場合はありません。

ご自身で予算を決めておき、予算を超える見積もりであった場合、依頼すべきかどうかもう一度冷静になって考え直してみることも必要です。

事前に聞いていないさまざまな追加費用を後から請求されたというトラブルもあります。

探偵社によっては悪質なところがあるのは残念ながら事実です。必ずかかる全ての費用について聞きだしておいてください。

協力してくれた関連会社

https://www.ltls.org/

https://atwonline.org/

ブログ

【体験談】浮気の証拠を揃えたけれど話しだすタイミングは難しいです

旦那が浮気をしている可能性が高く探偵事務所にお願いをして浮気調査を決行しました。私の感じたとおり、旦那の浮気はクロでした。 その浮気調査で確固たる証拠を得ることができたのですが、肝心の旦那本人へ話すタイミングが見つからな …

不安

【体験談】浮気の証拠集めと弁護士と裁判

浮気調査から裁判に至るまでの経緯として、家庭を持っている女性と私の不倫が見つかった結果、相手の夫から慰謝料として損害賠償請求の訴訟を提起されることになりました。 立場としては私が被告で、離婚成立していない現在も、私と一緒 …

慰謝料

浮気の証拠収集は探偵にお任せ

浮気の決定的な証拠を取得するためには、浮気をしている対象者を尾行し、浮気相手との決定的な現場の証拠撮影が必要になります。 例えば、ラブホテルに入り、行為を終えてからラブホテルを出てくる様子を撮影しなければなりません。 し …

不倫するカップル

浮気の種類とリスク

浮気には種類が存在している この考え方は著者の個人的見解であり世間一般的な考えとは異なっている可能性があることを事前にお伝えしたい。 主婦が浮気をする場面で「火遊び」との言葉を使う。 危うく危険な表現である事は言うまでも …

慰謝料

浮気が引き起こす問題

不倫や浮気をしてトラブルを経験した方には簡単に理解できる「人間関係の変化」。 もし、既婚者と恋愛関係になり浮気をすれば最悪「離婚」が相手の家庭に訪れ「家族が崩壊」する。 ご自分が独身であるがゆえに「他人のことなど細かく考 …

不倫イメージ

ブログ

【体験談】浮気の証拠を揃えたけれど話しだすタイミングは難しいです

旦那が浮気をしている可能性が高く探偵事務所にお願いをして浮気調査を決行しました。私の感じたとおり、旦那の浮気はクロでした。 その浮気調査で確固たる証拠を得ることができたのですが、肝心の旦那本人へ話すタイミングが見つからな …

不安

【体験談】浮気の証拠集めと弁護士と裁判

浮気調査から裁判に至るまでの経緯として、家庭を持っている女性と私の不倫が見つかった結果、相手の夫から慰謝料として損害賠償請求の訴訟を提起されることになりました。 立場としては私が被告で、離婚成立していない現在も、私と一緒 …

慰謝料

浮気の証拠収集は探偵にお任せ

浮気の決定的な証拠を取得するためには、浮気をしている対象者を尾行し、浮気相手との決定的な現場の証拠撮影が必要になります。 例えば、ラブホテルに入り、行為を終えてからラブホテルを出てくる様子を撮影しなければなりません。 し …

不倫するカップル

浮気の種類とリスク

浮気には種類が存在している この考え方は著者の個人的見解であり世間一般的な考えとは異なっている可能性があることを事前にお伝えしたい。 主婦が浮気をする場面で「火遊び」との言葉を使う。 危うく危険な表現である事は言うまでも …

慰謝料

浮気が引き起こす問題

不倫や浮気をしてトラブルを経験した方には簡単に理解できる「人間関係の変化」。 もし、既婚者と恋愛関係になり浮気をすれば最悪「離婚」が相手の家庭に訪れ「家族が崩壊」する。 ご自分が独身であるがゆえに「他人のことなど細かく考 …

不倫イメージ
PAGETOP
Copyright © 浮気調査アンテナ・モナ探偵事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.