浮気、不倫の慰謝料請求のあれこれ

浮気、不倫の慰謝料請求のあれこれ

決定的な慰謝料請求が可能な証拠を持たない相談者に対して「慰謝料請求が可能」と持ち掛ける手法が存在しています。

どのような手法か?

ご説明すると「弁護士に依頼し浮気相手として濃厚な人物」(浮気の証拠となるメールや画像が依頼人の手元に証拠として存在し浮気の事実があると判断)に対して、
「浮気の事実を認めさせて慰謝料請求し成功報酬で請求額の何パーセントを弁護士費用として支払う」手法で「ダメ元な慰謝料請求を試みる」弁護士が存在しています。

細かな浮気の証拠であるメールやメッセージ、浮気現場と思われる画像をもとに「浮気相手に対して内容証明を作成し浮気の事実を認めさせる」手法であるため、
「決定的な証拠が無い」ことから「相手に浮気を認めさせる」ことが重要な手法であると考えられます。

この手法のメリットは「弁護士に委託して浮気相手と慰謝料請求の交渉」が実施できるところにあると言えます。

しかし、決定的な浮気や不倫の証拠では無いため「相手が認めなければ」請求が失敗する可能性がある前提で実施される手法と考えられ、相手が浮気の事実を完全否定してしまった場合には「他に打つ手段が無くなる」覚悟が必要な手法とも言えるのです。

この手法が失敗した後に探偵による不倫調査を頼っても成功率は格段に落ちる事でしょう。

なんといっても「浮気の証拠をもって浮気を疑っている事実を相手に伝えてしまっている」のですから仕方のない現状にあると判断していただきたいのです。

もし、この手法を選択するならば優先順位として探偵による不倫調査を先に実施し、その後に最終手段とも言えるこの手法を選択していただきたいと探偵は考えるのです。

加えて強気な人物が浮気相手だったケースでは逆に弁護士と共に訴えられるケースもあると考えられるので状況次第では要注意な手法と言えるのです。

探偵が慰謝料請求のために取得する証拠

たった一度の過ちである「ひと夏のアバンチュール」であっても「決定的な浮気の証拠」を撮影されて慰謝料請求は実施されます。

特に未成年の男女が不貞行為の相手であった場合には「犯罪である可能性」もあると判断できる事でしょう。

未成年の男性に対して既婚女性が関係を持つ状況等は十分に注意しなければならないケースと言えるのです。

特に長期休暇中である未成年の男女は私服で行動しているため「年齢を偽って知りあってしまう」ことも充分に考えられ、
「知らず知らずのうちに未成年と恋愛関係に」などが考えられ注意が必要な時期と言えるのです。

年頃のお子さんをお持ちの親御さんには「お子さんの変化に注意されて、帰宅時間等も夜間に及ばない注意が必要」と考えられるのです。

このような注意を怠ってしまうと「お子さんの責任を保護者である親御さんが背負い慰謝料請求される」こともケースとしては考えられるのです。

長期休暇中の生活の変化は誰にでも考えられ、特に「アルバイト先で知り合う異性」との恋愛から大きな問題に発展し慰謝料請求されてしまうことが考えられるのです。

過去に実施した不倫調査でも上記ケースは数多く確認されております。

社員とアルバイトの間柄で浮気をしてしまう男女は数多く存在しているのです。

どちらかが未成年であったり、学生であるため「浮気が招く大きな問題を軽視する」傾向が強く、「まさか探偵が浮気の証拠を撮影して自分が慰謝料請求される」とは考えていないのです。

慰謝料請求を目的に探偵に不倫調査を依頼するリスク

パートナーの行動が露骨に変化し、帰宅時間が毎日のように遅くなる。

このような状況から判断して「浮気の可能性が非常に高い」ので「浮気を制止させることを目的」に不倫調査を探偵に依頼する。

そして、浮気の事実が証拠として得られて、弁護士に依頼し浮気相手に対し内容証明を送付し事実確認を実施し「損害賠償請求で慰謝料提示」する。

浮気相手が事実を認め請求に応じれば「代理人である弁護士との交渉のもとに支払方法」等を取り決めることで一連の「浮気の慰謝料請求」が終了する。

このようなスムーズな流れは理想的である。

現実には浮気相手に収入や貯蓄が無く「探偵や弁護士に支払った費用が慰謝料で回収できる見込みは高くはない」と考えるべきでしょう。

浮気相手から分割で慰謝料を支払ってもらう等も存在するケースと言えますが「慰謝料請求」に費やした費用には及ばないケースが存在することを想定に考えるべきでしょう。

不倫調査を探偵に依頼し、慰謝料請求するリスクはここに存在しています。

金銭的負担を抜きにした価値観の基に実施された不倫調査や慰謝料請求ならば何も問題は存在しませんが、
「慰謝料を浮気相手から得ることが前提」で不倫調査が実施されたならば「納得の行かない不倫調査であり、慰謝料請求になる」可能性がリスクとして存在するのです。

このようなリスクを無くすためには「不倫調査を依頼する以前に浮気相手について多くを情報として得る」ことが必要となるのですが、
現実には浮気相手についての情報を不倫調査前に得られる可能性が低いと判断することが一般的な不倫調査前の状況と言えるのです。

もし、浮気相手について何も情報が無いケースで不倫調査を実施し慰謝料請求を想定しているならば、ある程度のリスクを覚悟しなければならないと考えなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする